2017年12月17日

世界一暇なラーメン屋に行ってみた。




近所の幸楽苑に行ったら、空きすぎてやばい感じ。中国人の新人スタッフが2人ぐらい入っていて現場で対応していた。昔は日本人オンリースタッフばかりという印象だったけど社風が変わったんでしょうかね。
幸楽苑の店舗の閉店が相次いでいるというけど、やっぱり辛子ニンニクが小さな袋のオーダー式になったのが大きいと思いますよ。麺もレトルトしていて飽きっぽいので、やはりこのチェーン店は、抜本的な改革が必要だと思いますなぁ。答えは出ているんですがね。売り上げが絶好調だった昔にすべてを戻せばいい。290円ラーメンとか辛子ニンニクの瓶を復活させるとか。

マクドナルドと一緒ですよ。

ハンバーガーを100円から120円にしただけでも売れ行きがガクッと落ちてすぐに元に戻したでしょ。で、幸楽苑で今何が行われているかと言えば、幸楽苑を野菜幸楽苑に改装していること。この店の看板の味噌野菜ラーメンが590円。今までの幸楽苑のコンセプトから価格的に外れまくりなわけで、チープさがウリな幸楽苑の魅力を大いに削いでいる結果になっている。やっぱ幸楽苑は原点に立ち返って自分を見つめて欲しい。290円ラーメンを復活すべきと切に願う次第なわけであります。



世界一暇なラーメン屋。店名から空いているかと思いきや混んでいるというオチ。超おいしいとのこと。

posted by 珍スポット&B級スポット at 06:17| 大阪府【大阪市】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする