2019年07月10日

【東京で唯一】かんぽの宿青梅に行ってきた('ω')⇒旧宮崎家⇒郷土博物館⇒ジンギスカン七福

IMG_6111.JPG

東京青梅市にあるかんぽの宿青梅は東京で唯一のかんぽの宿。かんぽの宿と言えば高額な印象があるんですが、かんぽの宿青梅は2食付きが1万円程度から宿泊できるし、一泊朝食付きで6,527円〜とかんぽの宿では格安の部類に入る価格なので早速宿泊してみました。

IMG_6114.JPG

入口前に観光案内。

IMG_6119.JPG

紹介されている場所はここから歩いて行ける距離ではないですね。御嶽駅は駅員がいると思いますが、青梅駅から西は無人駅が続いています。


IMG_6122_LI.jpg

暇つぶしに周囲を散策。旧宮崎家と郷土博物館が見える。

IMG_6120.JPG

藁ぶき屋根。あれが旧宮崎家っぽい。少なくとも中川家ではなさそうだ。

IMG_6123.JPG

IMG_6124.JPG



車も通らないのに立派なあゆみ橋。

IMG_6128.JPG

橋からはかんぽの宿青梅が見える。

IMG_6125.JPG

IMG_6126.JPG

多摩川

IMG_6132.JPG

旧宮崎家。

IMG_6134.JPG

入場無料。

IMG_6135_LI.jpg

係員が常駐しているようだ。

IMG_6137.JPG

IMG_6138.JPG




さて次は青梅市郷土博物館へ。

IMG_6139.JPG

先ほどの橋が見える。

IMG_6141.JPG

青梅市郷土博物館。

IMG_6143.JPG

入場無料。

IMG_6144.JPG

IMG_6159.JPG

青梅市はドイツのホッパルト市と姉妹都市締結している。

IMG_6145.JPG

墜落したB29のエンジン。

IMG_6147.JPG

IMG_6150.JPG

古代の青梅。

IMG_6149.JPG

中世の青梅。

IMG_6154.JPG

近世の青梅。

IMG_6155.JPG

明治以降の青梅。

IMG_6157.JPG

機織機。

IMG_6160.JPG

IMG_6162.JPG

醤油用仕込み樽。




IMG_6128.JPG

ホテルへ。

IMG_6281.JPG

46年前に建設されたホテル。


IMG_6164.JPG

IMG_6293.JPG


一泊朝食付きなので夕食を食べにジンギスカン七福へ。

IMG_6207.JPG

IMG_6209.JPG

ジンギスカン食べ放題で2980円。

IMG_6275.JPG

IMG_6239.JPG



IMG_6252.JPG

IMG_6264.JPG


好物なので箸が止まらねえ。ラム肉とマトン肉は癖がない肉なのでいくらでも食べられる。

IMG_6259.JPG

ジンギスカンのうんちく。

ジンギスカン七福レポート⇒こちら



IMG_6324.JPG

夕食を済ませ部屋に戻る。ホテルの夕食時間になるとスタッフが布団を敷いてくれた。


IMG_6320.JPG

手書きの観光案内。

IMG_6351.JPG

大浴場。かけ流し温泉はぬるっとしている。思った以上に良い温泉。

IMG_6179.JPG

最上階から青梅の街を一望できる。


IMG_6459.JPG

朝食は思った以上にクオリティー高い。アボカド食い放題。


IMG_6472.JPG

IMG_6466.JPG

こんな感じに盛りました。

IMG_6491.JPG

窓の外の景色がいい。




トリビア:東京青梅市では熊警報が出ることもある。




かんぽの宿青梅 宿泊レポート⇒こちら
かんぽの宿青梅 大浴場レポート⇒こちら
かんぽの宿青梅 朝食バイキングレポート⇒こちら


かんぽの宿青梅


posted by 珍スポット&B級スポット at 05:47| Comment(1) | 東京都【青梅市】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考になりました
Posted by at 2019年08月23日 18:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: